楢﨑智亜が逆転で3年ぶりの年間王者を獲得/ボルダリングW杯2019第6戦 ベイル大会

現地時間7日・8日、ボルダリングW杯2019シーズンの最終第6戦がアメリカ・ベイルで行われ、男子はTEAM au楢﨑智亜が2位となり、その結果、自身2度目のW杯年間優勝を成し遂げた。女子はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)がボルダリングW杯史上初となる全勝優勝の快挙を達成。TEAM auの野口は2位に入り、昨年に続く年間ランキング2位となった。

先に行われた女子決勝には、日本勢から野口、野中生萌、初めて準決勝を突破した中村真緒の3人が進出した。W杯最多22度目の優勝を狙う野口は、第1、第2課題を完登し、完登に要したアテンプト差で全勝優勝の懸かるガンブレットらを抑えて首位に立つ。

勝敗をわけたのが第3課題。途中で壁面が変わる難関を、野口までの4選手全員がゾーン獲得にとどまると、ガンブレットが2トライ目で完登し、2位以下に決定的な1完登の差をつける。そして最終課題もゾーンのみで終える選手が続く中、野口が観客を煽った直後の2トライ目で意地の完登を記録し、逆転優勝に望みを繋ぐ。

しかし、次に登場したガンブレットが一撃。最後まで圧倒的な強さを見せつけて、自身初のボルダリングW杯年間優勝を、史上初となる全戦優勝という偉業とともに達成した。最後まで優勝を争った野口は惜しくも2位となった。TEAM au伊藤ふたばは準決勝に進むも12位となった。

teamau_2019_06_02_01.jpg

男子では、楢﨑と緒方の2人がファイナリスト入り。年間総合2位の楢﨑は、同1位のアダム・オンドラ(チェコ)と決勝の舞台で年間優勝を争うこととなった。2課題連続完登が5名と、横一線のスタートとなったファイナルラウンド。楢﨑とオンドラはともに2完登3アテンプトで前半を折り返す。

第3課題。ゾーン手前の足場が難関となった緩傾斜課題を、オンドラが攻略できずまさかのノースコア。すると楢﨑は一度足場のホールドを手で押さえることで安定感を獲得し、そのまま完登。大きなガッツポーズも飛び出した。緒方も同じ攻略法で完登し、3完登の日本人2人が上位抜け出しに成功する。

迎えた最終課題、暫定5位のオンドラがゾーンのみで終えたため、完登で今大会と年間の2つの優勝を決めたい楢﨑だったが、こちらもゾーンのみで競技終了。結果は他選手の成績次第となった。その後、暫定3位のヤン・ホイヤー(ドイツ)がゾーンを獲得。この時点で楢﨑の年間優勝の条件だったオンドラの4位以下、楢﨑の2位以上が確定し、楢﨑の2016年以来2度目となるシーズンタイトルが決まった。

teamau_2019_06_02_02.jpg

最終的に、5番手に登場した緒方が一撃で難関課題をクリア。唯一の全完登を決め、歓喜の雄叫びを上げてW杯初優勝を手にした。これで今季の全6戦が終了。楢﨑は出場が4戦のみとなったが、優勝1回、準優勝3回と安定感は抜群だった。今年最大のターゲットである8月の世界選手権へ向け、大きな自信となる逆転の年間優勝となった。今大会9位のTEAM au藤井快も年間5位でトップ10入りを果たした。楢﨑明智は10位となり、年間28位でシーズンを終えた。

女子では野口がファニー・ジベール(フランス)を抜いて年間2位でフィニッシュ。伊藤は年間4位に入り、昨季の8位からさらに飛躍した。また、各戦上位選手のポイントにより決まる国別ランキングでは日本の6年連続1位が確定。分厚い選手層を誇る日本が、ボルダリング最強国の座を防衛した。

<野口啓代選手 コメント>
ヤンヤの全6大会優勝の快挙は凄いですが、自分が優勝して一強を阻止したいと思う気持ちが強かった分、悔しい2位、そして年間も2位でした。ですが、今シーズンは2試合出場せずに年間2位で終えられたことは自信になりました。トレーニングの成果や登り方のバリエーションも増え、いい登りができたことも多かった半面、まだまだ修正箇所や克服しなければいけない課題も多かったです。3週間後にはリードW杯も始まります。8月には世界選手権。ボルダリングもスピードもトレーニングをバランスよく行っていかないといけないので、自分の長所をさらに伸ばし、苦手を埋めていけるようにしたいと思います。短期間で出来ることは限られていますが、今自分にできることを悔いなくやっていきたいと思います。。残りのシーズンも応援よろしくお願いします。

<伊藤ふたば選手 コメント>
最終戦は絶対に決勝にいきたいと思っていたので悔しかったです。決勝での野口選手やヤンヤの登りを見ていて、自分に足りないものやこれから克服していかないといけないことを感じました。今シーズンは決勝に2回いけましたが、決勝で戦える選手になれるようにもっともっと強くなりたいです。リードW杯に向けて登りこんでいきたいと思います。応援ありがとうございました。

<楢﨑智亜選手 コメント>
年間優勝できました!応援ありがとうございます。今シーズンは世界選手権もあるので昨シーズンのように大会に出続けるのではなく、常にフレッシュな状態で大会に臨めるようにと思っていました。途中から年間王者を狙うことが本当に正しいのかどうか、悩んだこともありました。ただ、僅差でアダムと争うことになったので、確実に自分にもチャンスがあると思っていました。実はコンペ前やコンペ当日は緊張してしまっていました。決勝でアダムもすごくピリピリしていて、自分の方が冷静だと思った時にイケると思いました。周りから勝って当然、優勝することを求められますが、どうしても勝ち切れないときもあり、シルバーコレクターのようになっていたので今回の年間優勝は2016年の何倍も難しい優勝でした。今シーズンは出場した大会すべて上位で安定したクライミングが出来たことはよかったと思います。このまま世界選手権も優勝狙っていきたいと思います。

<女子決勝>
1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/4t4z 9 8
2位:野口 啓代/3t4z 5 6
3位:ファニー・ジベール(FRA)/2t4z 3 9
4位:野中 生萌/2t4z 5 5
5位:ルーチェ・ドゥアディ(FRA)/1t4z 2 8
6位:中村 真緒/1t4z 3 10
―――――
12位:伊藤 ふたば ※準決勝進出

<男子決勝>
1位:緒方 良行/4t4z 11 9
2位:楢﨑 智亜/3t4z 5 5
3位:チョン・ジョンウォン(KOR)/3t4z 6 7
4位:ヤン・ホイヤー(GER)/2t4z 4 6
5位:アダム・オンドラ(CZE)/2t3z 3 4
6位:ショーン・マッコール(CAN)/1t3z 3 9
―――――
9位:藤井 快 ※準決勝進出
10位:楢﨑 明智 ※準決勝進出

※左から氏名、所属国、成績 ※成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

ボルダリングW杯2019年間ランキング
<女子>
1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/500pts
2位:野口 啓代/320pts
3位:ファニー・ジベール(FRA)/308pts
4位:伊藤 ふたば/206pts
5位:ジェシカ・ピルツ(AUT)/203pts

<男子>
1位:楢﨑 智亜/340pts
2位:アダム・オンドラ(CZE)/335pts
3位:緒方 良行/264pts
4位:チョン・ジョンウォン(KOR)/228pts
5位:藤井 快/227pts
―――――
28位:楢﨑 明智/59pts

ボルダリングW杯2019国別ランキング
1位:日本/1,693pts
2位:スロベニア/1,359pts
3位:フランス/766pts
4位:オーストリア/591pts
5位:ドイツ/534pts

取材・文:CLIMBERS編集部
写真:Jack Affleck/アフロ、AP/アフロ

powered by climbers