TEAM au 楢﨑智亜が大会二連覇!/第2回コンバインドジャパンカップ

5月25~26日、第2回コンバインドジャパンカップ(CJC)が石鎚クライミングパークSAIJO(愛媛県・西条市)で開催された。CJCはスピード、ボルダリング、リードの3種目複合で争う昨年から始まった新しいジャパンカップで、今大会には男子20名、女子19名の国内トップ選手が集結した。男子はTEAM auの楢﨑智亜が昨年大会に続き優勝。3位には同じくTEAM auの藤井快が入った。女子優勝は野中生萌。野口啓代は2位に入り、TEAM auからは計3選手が表彰台へと登った。

teamau_2019_05_05_01.jpg

25日に行われた予選ではTEAM au所属の5選手を含めた男女各8名が決勝へと駒を進めた。この時点で協会が定めるSランク強化選手である楢﨑智亜、楢﨑明智、藤井快、野口啓代の4選手は8月に東京・八王子で開催される世界選手権のコンバインド種目出場資格の基準をクリアした。予選を2位で通過したTEAM auの伊藤ふたばは翌日の決勝の結果次第で同資格の基準をクリアできる状況となった。

26日午前に行われた男子決勝。第1種目スピードの1位を決める最終ラウンドは、楢﨑智亜と藤井のTEAM au同士の対戦となった。ともに6秒台の自己ベストを持つ両者は序盤から互角の戦いをみせるも、勝ったのは楢﨑。6秒291で日本記録を更新し、6秒475の藤井を振り切った。

teamau_2019_05_05_02.jpg
<決勝戦で日本新を記録する楢﨑(右)>

第2種目のボルダリングは、スピードで最下位となった18歳の土肥圭太が躍動。全課題をただ1人登りきって合計8ポイントとし、総合2位へとジャンプアップした。総合1位はこの種目3位で合計3ポイントの楢﨑智亜。ホールド間でジャンプを繰り返し位置を修正する"らしさ"をみせて会場を沸かせ、連覇に向けて好位置につけた。

最終種目のリード。優勝の行方は、最終8番手の楢﨑智亜の結果次第に。この時点の総合暫定1位は、予選に続き唯一の完登を記録した原田海。12ポイントとし、楢﨑がリードで4位以下になると頂点に立つ計算。反対に3位以上で大会二連覇が決まる楢﨑は、持ち味であるテンポの良いムーブで高度を伸ばしていく。最後はTOPに手をかける35+で2位に入り、原田を抑えて2年連続での戴冠となった。楢﨑、原田に次いで3位に入ったのは藤井。楢﨑明智は6位となった。

続いて行われた女子決勝。第1種目のスピードは序盤から波乱の展開が。トーナメント1回戦で昨日8秒台を記録した伊藤がまさかのフォールとなり、代表枠を争う森秋彩との初戦を落としてしまう。1位決定戦には野中と倉菜々子が勝ち上がり、8秒790を記録した野中が約2秒差をつけて1位通過を決めた。

第2種目のボルダリングは、第1課題から多くの選手がつまづく。ゾーン獲得まで伊藤が8トライ、森は9トライを要し、TOPまで辿りつけず。その後6番手の野口がさすがの実力をみせて5トライ目にTOPを捉えると、続く野中はさらにそれを上回る一撃。野中は最終第3課題もパワーとテクニックを駆使して1トライで攻略し、スピードからの連続1位となった。

teamau_2019_05_05_04.jpg
<ボルダリング種目に挑む野口>

最終種目を前にして、総合1ポイントの野中が1位、6ポイントの野口が2位、12ポイントの森が3位で続いた。この時点で優勝は野中と野口の2名に絞られ、野口はリードでの1位が優勝の条件となった。野中と野口を除いた上位3名に与えられる世界選手権への出場資格は8位の平野夏海まで可能性が残る状況で最終種目に進んだ。

迎えたリード。2種目終了時点で総合6位、世界選手権に向けて後がない伊藤は、上位への目安となる高度39+に近づくが、その手前の38で力尽きてしまう。その後6番手の森が抜群の登りで予選からの連続完登を決めたため、これで7番手の野口は優勝へ最低でも完登が必要となったが、46+で競技終了となり総合2位でフィニッシュ。ボルダリング、スピードに続き、野中の2019年ジャパンカップ三冠が決定した。残り3名の世界選手権の出場資格は、総合3位に入った森、4位の谷井菜月、5位の倉がそれぞれ獲得した。

6位に終わり今大会での出場資格獲得を逃した伊藤だが、協会が定める基準によれば今後のリード、スピードW杯で単種目代表資格を得る選手が現れなかった場合には、コンバインド種目の代表枠を6に拡げるとされているため、世界選手権への道はまだ残されている。

<楢﨑智亜選手 コメント>
連覇できて嬉しいです。全体のレベルがかなり上がってきているので、自信になりました。スピードでタイムを狙っていて、結果が出せたので良い流れに乗れました。リードは世界トップ選手との差はまだ埋まっていないと思うので、世界選手権ではスピードとボルダリングでの逃げ切りが日本人の勝ち方だと感じています。やってきたことに間違いはないという手応えがあるので、自信を持って世界選手権に臨みたいと思います。

<藤井快選手 コメント>
改善点、反省点が目立つ決勝でした。スピードは下部でミスがあり、それでも自己ベストが出たので、うまくハマればもう少し速くなる印象が残りました。ボルダリングで気持ち的にやられてしまいましたが、リードの安定感があれば逆転も可能で、今回も内容は良かったとは言えませんが狙っていた逆転ができました。ただ、リードでは正直やりたくなかったというくらい疲れていました。効率的な登りなどでカバーしていくしかないですね。

<楢﨑明智選手 コメント>
あまり良いところを作れませんでした。スピードは練習の段階からスタートがうまくいかずに最後まで修正できず。ボルダリングは1課題目で登る前から難しいと思い、そこから流れに乗ることができなかったです。リードもまだいけましたが、この一手というところで落ちてしまいました。全体の流れが悪くても、そこを断ち切って良い登りをするという気持ちを世界選手権までにちゃんと作っていかなければいけないと感じました。

<野口啓代選手 コメント>
3種目とも悪くはありませんでしたが、ボルダリングで1位が取れなかったこと、リードで完登できなかったことが敗因でした。リードの落ちたところは掴みやすいホールドではありましたが、スピードとボルダリングの疲れもあり、勝負どころで気持ちが入り切らなかったです。私はスピードで1位を取りにいくという感じではないので、そこで3位以内に入って、ボルダリングに進めたことは良かった点だと思います。

<男子決勝>
1位:楢﨑 智亜 6ポイント(S 1位/B 3位/L 2位)
2位:原田 海 12ポイント(S 6位/B 2位/L 1位)
3位:藤井 快 36ポイント(S 2位/B 6位/L 3位)
4位:土肥 圭太 40ポイント(S 8位/B 1位/L 5位)
5位:緒方 良行 72ポイント(S 3位/B 4位/L 6位)
6位:楢﨑 明智 80ポイント(S 4位/B 5位/L 4位)
7位:抜井 亮瑛 280ポイント(S 5位/B 8位/L 7位)
8位:石松 大晟 392ポイント(S 7位/B 7位/L 8位)

<女子決勝>
1位:野中 生萌 7ポイント(S 1位/B 1位/L 7位)
2位:野口 啓代 12ポイント(S 3位/B 2位/L 2位)
3位:森 秋彩 12ポイント(S 4位/B 3位/L 1位)
4位:谷井 菜月 72ポイント(S 6位/B 4位/L 3位)
5位:倉 菜々子 128ポイント(S 2位/B 8位/L 8位)
6位:伊藤 ふたば 150ポイント(S 5位/B 5位/L 6位)
7位:小武 芽生 210ポイント(S 7位/B 6位/L 5位)
8位:平野 夏海 224ポイント(S 8位/B 7位/L 4位)

※左から氏名、各種目順位の値を掛け合わせた総合ポイント、各種目順位(S=スピード、B=ボルダリング、L=リード)

取材・文:CLIMBERS編集部
写真:JMSCA/アフロ

powered by climbers