TEAM auが世界の強豪に挑戦。16歳の新星も誕生!/au SPEED STARS2019

5月12日、東京都・昭島のモリパークアウトドアビレッジにてスピード種目の国際大会「au SPEED STAERS 2019」が開催された。第3回となる今大会、男子には昨年王者のスタニスラフ・ココリン(ロシア)、先日のW杯第4戦で優勝したドミトリー・チモフェーエフ(ロシア)、同3位のルドヴィコ・フォッサリなど実力者が揃い、女子も昨年の世界ランキング6位で世界選手権2016女王のアンナ・ツィガノヴァ(ロシア)や、世界選手権2018準優勝のアンナ・ブロジェク(ポーランド)などが名を連ねた。日本からも楢﨑智亜、楢﨑明智、藤井快、野口啓代、伊藤ふたばのTEAM au所属全選手が参戦した他、総勢で男子18名、女子12名と同大会最多となる選手がエントリーした。

teamau_2019_05_03_01.jpg

暑い日差しのもと、12時から開始した予選。1回目の試技では海外選手の多くが慎重なスタートからまずまずのタイムを記録していく中、世界選手権2016男子王者のマーチン・ジンスキ(ポーランド)がまさかのフォルススタート(フライング)。すると女子のツィガノヴァもフォルススタートとなり、男女の世界選手権2016優勝者が失格となってしまった。2回目の試技では、チモフェーエフが5秒861と予選トップを記録し、ワールドクラスのスピードを披露して会場を大いに沸かせた。女子はチモフェーエヴァが8秒099で1位となり、夫婦で予選首位通過を決めた。TEAM au選手も順当に予選を勝ち上がり全員が決勝へと進出した。

太陽が雲に隠れ始めた15時。男子16人、女子8人によるトーナメント方式の決勝がスタートした。男子で主役の一人となったのが、16歳の竹田創だ。1回戦で国内王者の池田雄大に勝利すると、準々決勝ではチモフェーエフがゴールパッドのタッチミスを犯したために幸運な勝利を掴む。すると準決勝では竹田の勢いある登りに焦ったのかココリンが痛恨のフォールとなり決勝に進出した。竹田は1回戦から7秒214、6秒745、6秒622と登るたびに自己ベストを更新していった。

反対の山では、期待された楢﨑智亜は無念の一回戦敗退。また、前週に行われたスピードW杯で日本記録を更新した藤井と楢﨑明智のTEAM au同士の対戦が実現。楢﨑(明)が勝利するも、続く2回戦でフォッサリに1秒以上の差をつけられ敗退。そのままフォッサリが準々決勝で5秒879を計測するなど世界トップクラスの力を示して決勝に勝ち上がった。

teamau_2019_05_03_02.jpg

最終ラウンドとなるビッグファイナルでは、観客が盛大な拍手で竹田を迎える。竹田は、フォッサリと中盤まで互角の勝負を繰り広げる。そしてこの日3度目の自己新となる6秒459でゴールするも、最後は6秒058のタイムを残したフォッサリに軍配が上がった。それでも多くの日本勢が早々に敗退した中で健闘した新星・竹田の活躍に会場は惜しみない拍手を送った。また、準々決勝では緒方良行が6秒373を叩き出し、藤井が持っていた6秒620の日本記録を更新した。

女子決勝では、途中でスリップしたヴィクトワール・アンドリエ(フランス)を抑えてブロジェクが8秒610の記録で優勝。野口は全ての試技で9秒台を記録するも、伊藤ともに決勝トーナメント初戦敗退となった。

teamau_2019_05_03_03.jpg

今大会からauが冠スポンサーとなるなど、回を重ねるごとにスケールアップしていくSPEED STARS。会場には昨年を上回る約2,500人もの観客が訪れ、スピード種目への注目度が急激に高まっていることを実感させる大会となった。

<楢﨑明智選手 コメント>
身長を生かした柔らかい登りだけではタイムを伸ばす限界があるので、もう少し力強さが必要だと思います。コンバインドジャパンカップは日本選手のレベルが高く、スピードのタイムもどんどん速くなってきていますし、ボルダリングも強い選手が多いため、気が抜けないので頑張ります。

<楢﨑智亜選手 コメント>
最近スピードの調子が悪くて、新たなムーブの試行錯誤や、ボルダーで苦手な動きを練習しているうちに、登りの姿勢が変わってきてしまっている。自分がタイムを落としているうちに周りが伸ばしてきていて少しマズいなと感じています。ただ(日本新を出した)緒方選手の記録は自分にも出せる感覚はあるので、今月のコンバインドジャパンカップで抜かしたいですね。

<藤井快選手 コメント>
決勝は気持ちが入りすぎて、スタートで気持ちが空回りしてしまいました。メンタルのコントロールが大切ですね。ミスが無ければ安定して6秒台に入れることは分かったので、各パートの精度を高めていきたいです。緒方選手は練習でも6秒台半ばを頻繁に出していて、日本記録はいつ出てもおかしくなかった。抜かれたことはショックですが、まだまだここから巻き返せると思っています。

<野口啓代選手 コメント>
目標としていた決勝ラウンドのトーナメント方式で登ることができて良い経験ができました。今は池田雄大選手にコーチに付いてもらっていて、その成果もあってW杯重慶大会で自己ベストを更新できて、タイムも安定してきました。最後のランジのパートで遅くなるなど、修正するポイントはたくさんあります。フィジカル面や、飛ぶ際のポジションなど、まだまだ改善できると思っています。

<伊藤ふたば選手 コメント>
最後のパートが課題でしたが、だいぶ良くなってきました。久しぶりのスピードの大会で、決勝トーナメントまで体験できたのは大きかったです。今日は自己ベストも出せましたし、安定して9秒台を出せるようになってきました。ただ、決勝トーナメントでは勝てそうだなと思ったところで滑ってしまったり、今後もそういった場面があると思うので、メンタルも改善していきたいです。

[男子リザルト]
1位:ルドヴィコ・フォッサリ(ITA)/6秒058
2位:竹田 創/6秒459
3位:アレクサンダー・シロフ(RUS)/6秒229
―――――
7位:楢﨑 明智/6秒967
11位:楢﨑 智亜/6秒747
14位:藤井 快/6秒811

[女子リザルト]
1位:アンナ・ブロジェク(POL)/8秒610
2位:ヴィクトワール・アンドリエ(FRA)/11秒163
3位:エレナ・レミゾワ(RUS)/8秒963
―――――
7位:野口 啓代/9秒758
8位:伊藤 ふたば/9秒589

※左から氏名、所属国、成績
※1・2位選手の成績は決勝タイム、3位選手の成績は3位決定戦タイム
※TEAM au選手の成績は今大会の最高タイム

スピードで世界初の「スポーツ行動認識AI」を使った世界記録バーを表示

本大会でKDDI研究所が「スポーツ行動認識AI」を活用した新たな技術を初披露。画像認識により出場選手の競技記録を計測し、世界記録バーとともにリプレイ動画を会場に設置した大型ディスプレイに表示。世界記録と実際に登る選手の差を比較でき、会場のお客様は新たな観戦体験を楽しんだ。

teamau_2019_05_03_08.jpg

最前列のスペシャルシートで貴重な観戦体験

au携帯電話をご利用のお客様を対象に行われたSNSキャンペーンの特典として用意されたのが「auシート」だ。キャンペーン当選者たちは、壁からわずか3mの至近距離から世界のスピードを体感。さらに大会後には、TEAM au 5人のサインが入った貴重なオリジナルタオルのプレゼントや記念撮影も行われた。

teamau_2019_05_03_04.jpg
最前列のauシートで観戦する当選者
teamau_2019_05_03_05.jpg
サインする野口選手、楢﨑選手
teamau_2019_05_03_06.jpg
野口選手、楢﨑選手と記念撮影

キャンペーン情報

TEAM auのサイン入りタオルが当たるプレゼントキャンペーンを実施!
auシートの当選者だけにプレゼントされたオリジナルタオルを、新たに5名様にプレゼントいたします。

teamau_2019_05_03_07.jpg

□賞品
TEAM auサイン入りタオルマフラー1枚

□当選者数
5名様

□応募条件
auのスマートフォン、auケータイをご利用のお客さま
※当選発表後でも、賞品受け取りまでにauを解約された場合は、当選を取り消させていただくことがございます。

□応募方法
au公式twitterをフォローし、応募案内投稿をRT頂く事
https://twitter.com/au_official/status/1128571987721252870

□応募期間
5月15日(水)~5月20日(月)17:00

□当選案内
5月21日以降に当選者の方にau公式アカウントよりDM送付させて頂きます。当選DMをご確認後、事務局へとご連絡させていただき賞品を発送いたします。
ただし、当選DMが届いてから翌日までにご返信頂けない場合は、当選無効とさせて頂きます。

取材・文:CLIMBERS編集部
写真:窪田亮
powered by:CLIMBERS

powered by climbers