TEAM auが好発進!楢﨑智亜、野口啓代が2位/ボルダリングW杯2019開幕戦 スイス・マイリンゲン大会

4月5・6日、ボルダリングW杯2019シーズンの開幕戦がスイス・マイリンゲンで開催された。男子はチェコのアダム・オンドラが2010年ミュンヘン大会以来の頂点に立ち、2位にTEAM auの楢﨑智亜が、3位に杉本怜が入った。女子では世界選手権2018の女王、スロベニアのヤンヤ・ガンブレットが優勝し、最後まで争ったTEAM auの野口啓代が2位となった。

先に行われた男子決勝には、楢﨑(智)、同じくTEAM auの藤井快のほか、杉本、高田知尭の4人が進出し、半数以上を日本勢が占めた。明暗が分かれたのが第3課題。スタート直後のスラブ(緩傾斜壁)が難所となり、4人目の杉本まではゾーンを獲得するにとどまる。すると楢﨑とオンドラはこれを一撃。優勝争いは3完登3ゾーンの楢﨑とオンドラ、2完登3ゾーンの杉本に絞られる。

迎えた最終課題はゾーン手前のジャミング(手をホールド間に挟みこむムーブ)がポイントとなった。ここを飛ばしたチョンのみがゾーンを獲得するも、楢﨑までの他の4人は攻略することができず。すると最後に登場したオンドラは、いとも容易く高度を上げていく。難所もしっかりと手中に捉えると、勝利を確信したのか観客を煽り、大歓声の中を一気に登り切り優勝を決めた。最終的には楢﨑が2位、藤井が4位に入り、予選敗退となった楢﨑明智は29位に終わった。

teamau_20190409_photo2.jpg

続いて行われた女子決勝。日本からは野口が決勝進出を果たした。立ち上がりは野口、ショウナ・コクシー(イギリス)のみが完登し、ガンブレットがゾーン獲得にとどまるも、一転して第2課題では野口、コクシーの2人が完登を逃し、他の4人が完登する意外な展開に。

全員が1完登で並んだ第3課題。4人目のコクシーのみが完登という第1課題と同じ流れとなるが、5人目のガンブレットは一撃。最後の野口も4トライ目で完登し、優勝の可能性を残すのは2完登3ゾーンのコクシー、ガンブレット、野口の3人となった。

勝負を決める最終課題で最初に脱落したのはコクシーだった。大きなクレーターのハリボテが3つ並ぶ難所を攻略できず、ゾーン獲得もままならずに競技終了。その難所をガンブレットは3トライで攻略して完登した。この時点で野口が一撃してもアテンプト数で届かず、ガンブレットの優勝が確定。野口は3トライで完登し、コクシーを抑えて2位となった。W杯参戦2年目のTEAM auの伊藤ふたばは、準決勝に進出するも9位で初戦を終えている。

第2戦は来週13・14日にロシア・モスクワで開催される。

<楢﨑智亜選手>

予選、準決勝、決勝とすべて2位でした。決勝の最終課題が勝負を決めると分かっていたので優勝したかったです。
開幕前に掲げていた勝ち切ること(優勝)が出来ませんでしたが体の感覚はいいので、日本でもっと仕上げていきたいです。中国戦はスピードも出場するのでバランスよくトレーニングしていきます。
応援ありがとうございました。

<野口啓代選手>

開幕戦はシーズンの傾向や自分がどの位置にいるかを確かめるとても重要な大会ですが開幕戦・マイリンゲン大会は2位でした。
優勝出来そうだっただけにかなり悔しいです。でも成長や反省点など収穫も多く、充実した開幕戦になりました。
やっぱり私はコンペが好きだと再認識させられ、今年も年間争いがしたい、今週末のモスクワ大会にも出場したいと欲が出て来てしまいましたが、次の中国戦に向けてしっかりトレーニングしていきます。
3週間後が待ち遠しいです!次戦も応援よろしくお願いします。

<藤井快選手>

結果としては、初戦で決勝に残ることができて良かったです。
しかし、パフォーマンスはまだ納得のいく内容ではなかったので
次のモスクワ戦ではしっかり修正して臨みたいと思います。
モスクワ戦はスピードの初戦でもあるのでベストタイム更新もいっしょに目指して頑張ります!

<伊藤ふたば選手>

ワールドカップ初戦9位はでしたが、決勝が遠い存在ではなくなってきたと感じれる大会でした。
去年は初めてワールドカップに出場することに緊張していましたが今は大会に臨む気持ちの作り方など
自分のペースで登ることが出来るし、
課題の距離や強度にも抵抗を感じず成長出来ているなと感じています。
今週のロシア大会では初戦よりいい成績を残せるように、そして決勝に行けるように頑張ります。

<楢﨑明智選手コメント>

今回の予選では課題に対するムーブの選択肢を頭の中で広げられませんでした。
最近、ボルタリング能力が上がってきて、練習では苦手な動きが少なくなったと感じています。ただ、いくら苦手意識が減ったところで、それらが得意なトップ選手には勝てない。自分に合った動きの見極めを大事にしていきたいです。

<男子決勝>

1位:アダム・オンドラ(CZE)/4t4z 10 9
2位:楢﨑 智亜/3t3z 7 6
3位:杉本 怜/2t3z 6 7
4位:藤井 快/1t3z 3 5
5位:チョン・ジョンウォン(KOR)/1t3z 3 8
6位:高田 知尭/1t1z 1 1
―――――
29位:楢﨑 明智

<女子決勝>

1位:ヤンヤ・ガンブレット(SLO)/3t4z 6 6
2位:野口 啓代/3t4z 9 12
3位:ショウナ・コクシー(GBR)/2t3z 3 4
4位:ファニー・ジベール(FRA)/1t2z 4 2
5位:ペトラ・クリングラー(SUI)/1t1z 1 1
6位:オセアニア・マッケンジー(AUS)/1t1z 2 2
―――――
9位:伊藤 ふたば ※準決勝進出

※左から氏名、所属国、成績
※成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

取材・文:CLIMBERS編集部
写真:freshfocus/アフロ、Ryu Voelkel/アフロ

powered by climbers