初心者が『ボルダリング検定』5級合格を目指す、密着ドキュメント 【第2回】

まったくのボルダリング初心者が、日本クライミングジム連盟主催の技能検定『ボルダリング検定』で5級合格を目指す――。来年2月の検定会(2018年度は4回開催)に挑戦するのは、キックボクシングが趣味でスポーツ万能の豊田恭兵さん(27歳)と、映画とゲームが好きで普段スポーツは一切しないという葉月蓮さん(23歳)のモデル2人。彼らの歩みを追う連載の第2回は、11月に行われた実際の『ボルダリング検定』会場に潜入した模様をお届けします。

検定会場に潜入!そこで2人が見た光景は...

teamau_201812_01_01.jpg

11月23日(金)、豊田さんと葉月さんは、今年度2回目の検定会場となったDOGWOOD Climbing Gym 調布店(東京都調布市)を訪れました。この日は延べ100人を超える受験者が参加し、2人が訪問した午前中は5級と4級の検定の真っ最中。検定会というからにはピリピリした雰囲気かと思いきや、そこには笑顔で目の前の課題を楽しむクライマーの姿がありました。「すごく緊張感のある現場なのかなと思っていましたが、アットホームな雰囲気に安心しました」と豊田さん、「小さなお子さんや年配の方も参加されていて、想像とは違いました」と葉月さんが話すように、 "ボル検"の第一印象は良い意味で予想を裏切られたようでした。

目指す5級合格、その条件とは?

ここでボルダリング検定の仕組みを簡単に紹介します。検定コースは5級から1級までの5つ。各コースにつき、5本の課題が用意され、受験者は1時間の制限時間内に3課題以上を完登できれば合格です(2級と1級は一部検定方式が異なります)。3段階の合格等級があり、3完登でブロンズ、4完登でシルバー、5完登(全完登)でゴールドマスターに認定されます。5級合格のために豊田さんと葉月さんは、最低でも5課題中3課題を完登する必要があるわけです。2人は、来年2月に名古屋で開催される第4回検定会での受験を目指してトレーニングに励んでいます。

"ボル検"の仕掛人が教える、5級攻略のコツ

teamau_201812_01_02.jpg
検定委員長の山森政之さん(一番右)

会場を案内してくれたのは、ボルダリング検定の検定委員長でクライミングジム ピラニア(山梨県)のオーナーでもある山森政之さん。「クライミングコンペ(大会)は1人が勝者で、残りの人はすべて敗者です。しかし、検定は全員が合格する可能性があります。人と競うことや勝負事が苦手な人でも、せっかく好きになったボルダリングなのですから、自分の力を試してみたいという方は多くいると思うんです」と"ボル検"の魅力を話してくれました。「検定では自分のレベルに合った様々なタイプの課題に1時間みっちりと向き合うことができます。楽勝で登れる課題も、絶対に登れない課題もありません。級や資格を得ることも魅力の一つですが、純粋に楽しい時間が過ごせると思いますよ」。

teamau_201812_01_03.jpg
5コース設定された5級課題のひとつ(緑色のホールド)

続いて、山森さんに5級合格を目指す2人へのアドバイスをお願いすると、「最近のコンペでは奇をてらったトリッキーな課題が出てくることも多いですが、検定で求められるのはベーシックな能力。短期間で飛び級で上達しようとせず、基礎から順番通りに練習してください」とのこと。気になる5級の合格率を聞いたところ、「昨年は7割程度の方が合格されています。でも今年は受験者が増えているので、もう少し下がるでしょう。検定は他人に勝つためのイベントではありません。自分が楽しいからやる。これはクライミングというスポーツの本質でもあります。ですので、楽しみながら練習するのが一番ですよ」と温かいメッセージをくれました。

teamau_201812_01_04.jpg
身振り手振りを交えて、熱心に課題を観察する2人

山森さんの話を聞いてさらにモチベーションが上がった2人は、その後も5級課題を中心に熱心に見学。会場内ではリアルタイムで成績がモニターに表示されていて、受験者は自分の成績がすぐにわかる仕組みになっています。検定終了時間が近づくと、応援の声はますます大きくなっていきました。合格できたことを喜ぶ人、残念ながら不合格で涙を流すお子さんの姿......濃密な1時間はあっという間に過ぎ去り、合格者を対象とした認定証と認定バッジの授与が行われて検定は終了です。

teamau_201812_01_05.jpg
検定合格者がもらえる認定バッジ

見学を終えた2人に感想を聞くと、「受験者のみなさんが応援し合っている姿が印象的でした。モチベーションがバリバリに上がったので、これから毎日でもジムに通いたいと思います!」と豊田さん。葉月さんも「みんなで同じ課題に登るので、他の人が登るのをよく観察することが大事になりますね。私も認定バッジを絶対に持って帰ります」と決意を新たにしました。

運命の検定まであと3カ月。豊田さんと葉月さんは無事に合格することができるでしょうか? 第3回では引き続き、2人のトレーニングの模様を追っていきます。お楽しみに!

ボルダリング検定の公式HPはこちら
http://www.jcga.co/bouldering.html

DOGWOOD Climbing Gymの公式HPはこちら
http://www.dogwood-climbing.jp

取材・文:CLIMBERS編集部
写真:森口鉄郎
撮影協力:DOGWOOD Climbing Gym 調布店

powered by climbers