TEAM au野中生萌、初の年間女王に輝く!/ボルダリングW杯2018第7戦 ミュンヘン大会

8月17・18日、ボルダリングW杯2018の最終戦となる第7戦がドイツ・ミュンヘンで行われた。女子はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が第2戦以来の優勝。TEAM auの野中生萌が2位、野口啓代が3位となり、野中が初の年間女王の座に輝いた。男子はグレゴール・ヴェゾニック(スロベニア)が初めてW杯を制し、2位のイェルネイ・クルーダー(スロベニア)は野中と同じく初の年間優勝を果たした。クルーダーを4ポイント差で追っていたTEAM auの楢﨑智亜は9位に終わり、年間2位に終わった。

teamau_201808_03_01.jpg

女子決勝には年間優勝の行方をこの一戦にかける野口、野中の2人が揃って進出を決め、第3戦以降を欠場していたガンブレットもファイナリストに名を連ねた。そして第1課題からこの3人によるし烈な完登劇が繰り広げられた。まずは野口がスタート直後のスラブ(緩傾斜壁)の難しいムーブを3トライで完登すると、続く野中が2トライで攻略してみせる。しかしガンブレットがこれを一撃(最初のトライで完登)し、わずかなアテンプト(完登に要したトライ数)差で首位に立った。

第2課題をエカテリーナ・キプリーアノワ(ロシア)以外の5人が一撃し、迎えた第3課題。前を登るキプリーアノワ、カーチャ・カディッチ(スロベニア)がゴール取りに苦戦してゾーン(コース途中に設置された順位決定時に加点となるホールド)獲得で終えると、野口は保持力の強さを見せて2トライで完登。会場の歓声も一気にボルテージがあがった。しかし、野中とガンブレットが一撃で攻略し、さらにアテンプト差を広げ、ハイレベルな優勝争いは最終課題に委ねられた。

ここでの優勝だけでなく、年間優勝をするためには野中を上回り、最低でも2位以上が必要な野口は、アテンプト差を考えると一撃したい場面。スタートから慎重にゾーンを掴むと、3連続のスローパー(丸形の掴みづらいホールド)を力強く止めて見事に一撃する。野口の渾身のトライで、野中は年間優勝に2アテンプト以内の完登が必要となった。しかし、野中はプレッシャーを感じさせない安定した登りで一撃。初の年間優勝をたぐり寄せ、完登後は涙があふれ出る感動的なシーンとなった。その後、ガンブレットが決勝4課題すべてを一撃というパーフェクトな登りで優勝をものにし、3人が4完登で並ぶという名勝負を締めくくった。

熱戦の余韻が残るなか行われた男子決勝だが、楢﨑智亜が準決勝で敗退し、クルーダーが決勝に残ったことで年間優勝はクルーダーに決定。ファイナルへは日本勢からは緒方良行と初のW杯決勝となる藤脇祐二が進出した。最終ラウンドは第1課題から局面が動く。先頭のヴェゾニックがいきなりの一撃で会場を湧かし、あとを登る5人もこれに続くと思われた。しかし、なんと5人ともゾーンも獲得できず。ヴェゾニックが大きなアドバンテージを得た。第2課題、ヴェゾニックがゾーン獲得で終えると、ヤコブ・シューベルト(オーストリア)とクルーダー、緒方がアテンプトを重ねながらも完登し、4人が1完登で並んだ。

第3課題は5人がゾーン獲得で終わる中、ここまでゾーンも掴めていなかった藤脇が一人完登を記録して準決勝1位通過した実力をみせる。そして最終課題、完登できれば初優勝が決まるヴェゾニックが一撃。TOPを掴んだ直後、嬉しさから思わず泣き崩れた。最終的に全員が完登し、クルーダーが2位、シューベルトが3位で表彰台に上がった。そして緒方は惜しくも4位、藤脇も初の決勝で2完登し、5位で終えた。なお、TEAM auの伊藤ふたばと藤井快はそれぞれ7位で準決勝敗退となった。

これでボルダリングW杯の2018シーズンが終了。女子では年間順位で野中、野口がワンツーフィニッシュという素晴らしい成績を残し、16歳の伊藤ふたばもW杯初参戦ながら年間8位と健闘した。男子は楢﨑智亜が2位、杉本怜が初の年間表彰台となる3位に入った。藤井は7位で今シーズンを終えた。

<野中生萌選手コメント>

最終戦は2位で優勝を逃しましたが、年間優勝がかかるプレッシャーの中、最後まで自分を信じて登る事ができ、タイトルを勝ち取れた事は本当に嬉しいです。自分のクライミングとメンタルの成長を感じられた大会になりました!

<野口啓代選手コメント>

4月から始まったボルダリングW杯、全7戦を終えて1位3回、3位4回、全戦表彰台に上がることができいいシーズンでした。応援ありがとうございました。ミュンヘン大会は始まる前から年間優勝を生萌と僅差のポイントで競っていたので緊張とプレッシャーがありましたが、決勝は最高に楽しく、思いっきり登れて気持ちよかったです。今シーズン、最後まで苦しいときも頑張れたのは生萌のお陰です。これまで頑張ってきた生萌を知っているからこそ、本当に心からおめでとうと伝えたいし、また一緒に成長していきたいです。初めて国際大会でコンバインド種目が行われるアジア競技大会や世界選手権に向けて気持ちを切り替えて頑張ります。

<伊藤ふたば選手コメント>

ミュンヘン大会では7位でした。最後、決勝に残れるかもしれないと思ったのですが残念です。今シーズンからW杯に出て予選落ちが続いたけど、最終戦で自信がつく登りができました。W杯にも慣れてきたので、自分らしく登れるようになっていくと思うのでこれからもっともっと練習していきたいです。アジア競技大会や世界選手権と大会が続くので自信を持って臨んでいきたいと思うので応援よろしくお願いします。

<楢﨑智亜選手コメント>

2年ぶりの年間優勝がかかった大会で9位に終わり、悔しいですが気持ちをコンバインドに切り替えていきたいと思います。どこにピーキングするかというと今年は世界選手権のコンバインドなのでどうしてもボルダリングだけやって状態を上げていくというのが難しいのですが、ミュンヘンでは最後まで戦えなかったのは悔しかったです。今シーズンのW 杯は波があり、コンスタントに表彰台に上がることが出来なかったので、野口選手や野中選手を改めてすごいと思いました。自分も常に上位に入れるように強くなります。ボルダリングW杯シーズン、応援ありがとうございました。

<女子決勝>

1位:ヤンヤ・ガンブレット(19/スロベニア)/4t4z 4 4
2位:野中 生萌(21)/4t4z 5 5
3位:野口 啓代(29)/4t4z 7 6
4位:ファニー・ジベール(25/フランス)/1t4z 1 8
5位:カーチャ・カディッチ(23/スロベニア)/1t2z 1 5
6位:エカテリーナ・キプリーアノワ(28/ロシア)/0t3z 0 5
―――――
7位:伊藤 ふたば(16)※準決勝進出

<男子決勝>

1位:グレゴール・ヴェゾニック(23/スロベニア)/2t4z 2 13
2位:イェルネイ・クルーダー(27/スロベニア)/2t3z 9 7
3位:ヤコブ・シューベルト(27/オーストリア)/2t3z 9 11
4位:緒方 良行(20)/2t3z 11 13
5位:藤脇 祐二(22)/2t2z 5 5
6位:ミカエル・マエム(28/フランス)/1t2z 1 3
―――――
7位:藤井 快(25)※準決勝進出

※左から氏名、年齢(大会初日時点)、所属国、決勝成績
※決勝成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

<ボルダリングW杯2018 女子年間ランキング>

1位:野中 生萌(20)/500pts
2位:野口 啓代(28)/495pts
3位:ファニージベール(25/フランス)/320pts
4位:ヤンヤ・ガンブレット(19/スロベニア)/280pts
5位:カーチャ・カディッチ(23/スロベニア)/246pts
―――――
8位:伊藤 ふたば(16)/179pts

<ボルダリングW杯2018 男子年間ランキング>

1位:イェルネイ・クルーダー(27/スロベニア)/453pts
2位:楢﨑 智亜(21)/400pts
3位:杉本 怜(26)/334pts
4位:アレクセイ・ルブツォフ(30/ロシア)/296pts
5位:グレゴール・ヴェゾニック(23/スロベニア)/280pts
―――――
6位:藤井 快(25)/260pts

<ボルダリングW杯2018 国別ランキング>

1位:日本/2269pts
2位:スロベニア/1344pts
3位:フランス/823pts
4位:オーストリア/735pts
5位:ロシア/591pts

※国別ポイント=W杯全戦の国別男女各上位3選手の合計ポイント

写真:窪田美和子/アフロ
文:篠 幸彦

powered by climbers