TEAM au楢﨑智亜がリードW杯開幕戦で表彰台に/リードW杯2018 第1戦ヴィラール大会

7月6・7日、スイス・ヴィラールにてリードW杯2018の開幕戦が行われた。男子は同スコアの接戦を制したヤコブ・シューベルト(オーストリア)が優勝し、TEAM auの楢﨑智亜が3位に入り、開幕戦からいきなり表彰台へ登った。女子はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が2年連続年間女王の実力を如何なく発揮し優勝。TEAM auの野口啓代は4位、野中生萌も5位で入賞を果たした。

teamau_201807_02_01.jpg


男子決勝は先頭のステファノ・ジソルフィ(イタリア)が33+に到達すると、2番手の楢﨑も同高度を記録。好スコアで2人が並ぶもそれを凌いだのは昨シーズン年間王者のロメイン・デグランジュ(フランス)だ。2人がフォールしたピラミッド型のホールドが4つ続く難所を登りきると、TOPホールド手前の38+で落下。大きく高度を伸ばした。7番手に登場したシューベルトはそのデグランジュが落ちたポイントで大胆なランジ(壁内でジャンプしホールドを取りに行く大技)でチャレンジ。しかし、止めきれず同スコアで並び、カウントバック(同じ成績で並んだ場合、前ラウンド(準決勝)の成績上位者が上位扱いとなる)でシューベルトが首位に立った。最終競技者が32+で終えたため、楢﨑の3位が確定した。なお、TEAM auの藤井快は10位で準決勝敗退となった。

女子決勝には日本勢からは野口、野中、小武芽生が進出。リードW杯のファイナルに日本人女子3名が名を連ねたのは2014年金浦大会以来4年ぶり。先頭の白石阿島(アメリカ)が31+で終えると、2番手のマノン・イリ(フランス)がそれを上回る36+を記録。3番手の野口は35まで迫ったが、足の置き場がうまくはまらず35+で力尽きた。リードW杯では自身初の決勝進出となった野中は5番手で登場し、32+でフォール。レベルの違いを示したのは昨年総合2位のキム・ジャイン(韓国)。中盤で見せ場を作り、41+と大幅に高度を伸ばした。そしてやはり強かったのがガンブレットだ。TOPホールドに手を伸ばす44+という圧倒的な高度で開幕戦を制し、3年連続の年間女王へ向け好スタートを切った。自身初となるリードW杯に挑んだ伊藤ふたばは18位で準決勝敗退となった。

同時開催のスピードW杯第4戦。男子はアレクサンダー・シコフ(ロシア)が今季初優勝し、女子はアヌーク・ジョベール(フランス)が今季3勝目を挙げた。日本勢は男子5人、女子4人がエントリー。男子は緒方良行の30位、女子は野中の23位が最高位で、男女ともに予選通過はならなかった。

楢﨑が初戦から表彰台に上がり、野中も自身初のファイナル進出を果たすなどポジティブな結果が目立ったリードW杯開幕戦。第2戦は今週12・13日にフランス・シャモニーで開催される。

<楢﨑智亜選手 コメント>

「開幕から表彰台に上がることができていいスタートが切れました。昨年はアジアラウンドでの表彰台だったので競合ひしめくヨーロッパでのワールドカップで表彰台に上がれたのは自信になります。まだまだイケるという感じがあるので、今週末のシャモニー大会も決勝に残って上位争いしたいです。」

<野口啓代選手 コメント>

「リードのシーズンが開幕すると毎年気が引き締まります。
ヴィラールでのスピードに出場して、実践でリードと気持ちを切り替えながら戦うか自分の中で考えることができる大会になりました。決勝に進出できましたが自分でももっと上を目指せたと思うのでシャモニーでも調子を上げていきます。リードのワールドカップでの優勝はまだないのでこの目標も達成できるようにシーズン通して戦っていきたいです。」

<野中生萌選手 コメント>

「今できることは全て出来たと思います。まさかの6位入賞、本当に嬉しいです!リードW杯初戦から初の決勝に行けたことは大変良い経験となりました。」

<伊藤ふたば選手 コメント>

「初めてリードワールドカップは緊張するかな、って思いましたがボルダリングのワールドカップに4月から出ているのでいつも通りでした。準決勝はやっぱりハードルートでもっともっと頑張らないといけないと思いました。でもこの中でやっていけば強くなれると思ったのでシャモニーでも自分の登りをしたいと思います。」


<男子決勝>
1位:ヤコブ・シューベルト(27/オーストリア)/38+(準決勝2位)
2位:ロメイン・デグランジュ(35/フランス)/38+(準決勝4位)
3位:楢崎 智亜(22)/33+(準決勝7位)
4位:ステファノ・ジソルフィ(25/イアリア)/33+(準決勝8位)
5位:マックス・ルディジェ(24/オーストリア)/32+
6位:ミン・ヒョンビン(29/韓国)/22+(準決勝3位)
7位:ドメン・スコフィッチ(24/スロベニア)/22+(準決勝5位)
8位:波田 悠貴(21)/22+(準決勝6位)
―――――
10位:藤井 快(25)※準決勝敗退

<女子決勝>
1位:ヤンヤ・ガンブレット(19/スロベニア)/44+
2位:ジェシカ・ピルツ(21/オーストリア)/42
3位:キム・ジャイン(29/韓国)/41+
4位:マノン・イリ(24/フランス)/36+
5位:野口 啓代(29)/35+
6位:野中 生萌(21)/32+
7位:小武 芽生(21)/31+(準決勝5位)
8位:白石 阿島(17/米国)/31+(準決勝8位)
―――――
18 位:伊藤 ふたば(16)※準決勝敗退

※左から氏名、年齢(大会初日時点)

写真:窪田美和子/アフロ
文:CLIMBERS編集部

powered by climbers