【ハイライト動画】ボルダリングW杯2018 第6戦ベイル大会

2018年6月8日~9日、アメリカ・コロラド州ベイルでクライミングワールドカップ第6戦が行われた。

男子は杉本怜が2013年W杯ミュンヘン大会以来、一昨年の肩の手術を乗り越えての復活優勝を果たした。先週の八王子大会で準優勝の楢﨑智亜は3位。女子は野中生萌が2位、前大会まで3連勝の野口啓代は3位と、今シーズン圧倒的な強さを見せる二人がまた表彰台に上がった。

気になる年間総合優勝だが、女子は1位の野中と2位の野口が他選手を引き離しているため、次の最終戦で上位に入った方が優勝となる。男子は楢﨑智亜がトップと4点差で2位につけており、最後まで分からない。

写真:藤枝隆介
powered by SPORTS BULL