W杯通算20度目の頂点!TEAM au 野口啓代が2戦連続優勝/ボルダリングW杯2018 第4戦泰安大会

5月12・13日、ボルダリングW杯2018の第4戦が中国・泰安で行われた。女子ではTEAM auの野口啓代が先週末の重慶大会に続く優勝を飾ると、同じくTEAM auの野中生萌も2位に入り、日本勢が2大会連続のワンツーフィニッシュ。男子はアレックス・ハザーノフ(イスラエル)が初優勝し、TEAM auの藤井快が5位入賞を果たした。

teamau_201805_06_01.jpg

TEAM auの楢﨑智亜が第3戦の重慶大会に続き準決勝で敗退するも、同大会で優勝した藤井が準決勝唯一の全完登で2戦連続のファイナリスト入りとなった。迎えたファイナルは大混戦となる。第1課題は全員が完登するも、パワーが求められた第2課題では足の置き位置に誰もが苦戦し、一転して完登者はゼロ。第3課題は再び全員が完登し、完登数、ゾーン(コース途中に設置された順位決定時に加点となるホールド)獲得数はイーブン。完登に要したトライ数の差で順位がついた状態で最終課題に突入した。

最終第4課題、この混戦から抜け出したのは初のW杯決勝を戦うハザーノフだった。2トライ目でゾーンを捉えると、沸き起こった大歓声に後押しされるように、そのまま2つのスローパー(角がなく丸い形状のホールド)をよじ登りTOPを手中に納めた。後続の選手がゾーン止まりで終えると、最後に控える藤井が完登したとしてもトライ数で及ばないためハザーノフの優勝が決定。最終課題で違いをみせたイスラエルの23歳が初のファイナル進出で優勝を射止め、表彰台では歓喜の涙を流した。

一方の女子。日本勢はエントリーした8人全員が準決勝に進むも、ファイナリストに名を連ねたのはやはり野口と野中。今季好調を維持する2人は予選、準決勝ともに全完登と別格の強さを見せる。ファイナルでも他選手が完登するのに苦戦するなかで、日本のツートップは足並みを揃えるように第1、第2課題を悠々と一撃(最初のトライで完登)する。

拮抗した2人に差が付いたのが第3課題。野中はスタートから勢いをつけて横移動するダイナミックなムーブに手間取り、一連の動作の最後にあるゾーンを止めきるのにトライを重ねてしまい、結局5トライ目での完登。2トライで攻略した野口が単独首位となった。最終課題では、それまで完登者が出ないなかで野中が3トライで完登しプレッシャーをかけるも、野口はそれを一撃でクリア。完登数で並んだ野中をトライ数で5つの差をつけて退けた野口は、W杯通算20度目の頂点に立った。終わってみれば3位以下に2完登以上の差をつけ、改めて2人の強さが際立った大会となった。なお、TEAM auの伊藤ふたばは前回大会から3つ順位をあげるも、13位で準決勝敗退となり、ファイナル進出には及ばなかった。

同時開催となったスピードW杯第3戦では、フランス勢がアベック優勝。男子はバッサ・マエムが33歳にしてW杯初制覇、女子は昨季年間女王のアヌーク・ジョベールが早くも今季2勝目を手にした。日本勢は男子が緒方良行の42位、女子が野中の27位が最高で、予選突破はならなかった。

女子では、ライバルであるショウナ・コクシー(イギリス)、ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)が欠場するなか、着実にTEAM auのツートップが上位を独占した中国ラウンド。次の舞台は6月2・3日の八王子大会。男子の巻き返しを含め、地元開催で躍動する日本勢の姿に期待したい。

<野口啓代選手 コメント>

ボルダリングW杯に2007年から出場し始め、初優勝は2008年のモンタウバン大会(フランス)。そこからこの泰安大会が20勝目の節目のW杯となりました。前回の重慶大会に続き、予選から決勝まで本当に集中力を切らさず登り切ることができました。苦手な課題もまだありますが、不安より挑戦できる楽しみの方が上回っています。この優勝も大きな自信になりました。次の日本開催の八王子大会でも、応援してくれる皆さんに、もっといいパフォーマンスを見せたいと思います。今大会も応援ありがとうございました!

<野中生萌選手 コメント>

またしてもアテンプトさで負けてしまい、二位で終了しました。今回のミスを反省し、自信を持って次に進みたいと思います!

<伊藤ふたば選手 コメント>

思うように自分のクライミングができず悔しかったです。準決勝は本当にレベルが高いですが、ここを乗り越えていけるようになりたいです。あっという間に4戦が終わり、次は八王子大会なのでしっかりトレーニングして臨みたいと思います。

<楢﨑智亜選手 コメント>

新ルール(ゾーン)にやられて決勝にいけませんでした。調子が良かっただけに悔しさもありますが、気持ちを切り替えて頑張ります。15日に帰国してから約2週間あるので八王子大会にしっかり合わせていきます。

<女子決勝>
1位:野口 啓代(28)/4t4z 5 5
2位:野中 生萌(20)/4t4z 10 7
3位:ファニー・ジベール(25/フランス)/2t3z 6 7
4位:スターシャ・ゲージョ(20/セルビア)/1t3z 3 7
5位:ヨハンナ・ファーバー(20/オーストリア)/1t3z 4 10
6位:キーラ・コンディー(21/アメリカ)/0t3z 0 5
―――――
13位:伊藤 ふたば(16)※準決勝進出

<男子決勝>
1位:アレックス・ハザーノフ(23/イスラエル)/3t4z 7 9
2位:イェルネイ・クルーダー(27/スロベニア)/2t4z 2 5
3位:グレゴール・ヴェゾニック(22/スロベニア)/2t4z 4 10 ※準決勝3位
4位:杉本 怜(26)/2t4z 4 10 ※準決勝5位
5位:藤井 快(25)/2t4z 7 5
6位:チョン・ジョンウォン(22/韓国)/2t3z 6 6
―――――
8位:楢﨑 智亜(21)※準決勝進出

※左から氏名、年齢(大会初日時点)、所属国、決勝成績
※決勝成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

2018年5月16日

文/篠幸彦

powered by climbers