TEAM au 野中生萌が2年ぶり3度目の優勝!/ボルダリングW杯2018 第1戦マイリンゲン大会

写真:Ryu Voelkel/アフロ

4月13・14日、スイス・マイリンゲンでボルダリングW杯2018シーズンの開幕戦が行われた。女子ではTEAM auの野中生萌が2年ぶり3度目の優勝に輝き、同じくTEAM auメンバーの野口啓代が3位、男子・楢﨑智亜が準優勝を果たした。

teamau_201804_02_1.jpg
写真:Ryu Voelkel/アフロ

先に行われた女子決勝には、日本勢から野口と野中が進出した。2課題を終えて首位に並んでいたのは野中、ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、野口の3名。勝負どころとなった第3課題に3番手で登場した野中は慎重にバランスを取りながら核心部(コースの難所)へ迫ると、難しい態勢のランジを決めて一気にTOPを掴んだ。3つ目の一撃(最初のトライで完登)を刻み、アテンプト数(完登に要したトライ数)で優位に立つことに成功する。

そして最終課題、ここまでパーフェクトなスコアの野中は一撃こそならなかったものの、2トライで完登し、優勝を大きく引き寄せる。続くガンブレットが一撃するも2アテンプト及ばず、最終競技者の野口は一撃すれば逆転という状況だったが、完登まで5アテンプトを要して、野中の優勝が決定。昨シーズンは一度も優勝のなかった日本女子勢だが、初戦から見事に表彰台の頂点に立った。なおW杯デビュー戦で注目されたTEAM auの伊藤ふたばは予選27位で悔しい敗退となった。

続いて行われた男子決勝。第1課題、1番手のイェルネイ・クルーダー(スロベニア)が2アテンプトで完登し雄叫びを上げると、昨年の年間王者チョン・ジョンウォン(韓国)、同3位のアレクセイ・ルブツォフ(ロシア)が一撃でそれに続く。しかし準決勝2位通過の楢﨑は完登できず、序盤からスコアに差が出る展開となった。

クルーダーが第2、3課題も完登で波に乗ると、離されたくない楢﨑も追随する。第2課題は圧巻の身体能力を見せて一撃し、会場を大いに沸かせた。そして最終課題、首位に立つクルーダー、3位のルブツォフがゾーン(コース途中に設置された順位決定時に加点となるホールド)止まりで完登できず、楢﨑に3アテンプト以内の完登で逆転というチャンスが回ってくる。しかし、スタートから苦戦した楢﨑はこれを生かせず、同じくゾーン止まりで2位フィニッシュ。クルーダーはW杯参戦4年目にして念願の初優勝となった。昨年同大会で優勝していたTEAM auの藤井快は12位で決勝進出はならなかった。

開幕戦から野中、野口、楢﨑と3人が表彰台に立ち、好調な滑り出しとなったTEAM au。次週4月21・22日に開催される第2戦・モスクワ大会でもさらなる活躍が期待される。

<野中生萌選手 コメント>

2018年シーズンが始まり、初戦スイスから優勝という幸先の良いスタートを切ることができました。正直まだ信じられません。今シーズンもとても長い戦いになるので、この先も気を抜かず、一戦一戦気を引き締めて頑張っていきたいと思います!

<野口啓代選手 コメント>

昨年、競技人生初の予選落ちをして苦手意識のあった初戦スイス・マイリンゲン大会から表彰台に乗ることができ、今シーズンはいい波に乗れそうです。決勝では全課題を完登したもののアテンプト勝負での3位ですごく悔しいですが、準決勝も1位通過できて自信に繋がりました。調子はいいので、次戦モスクワ大会、優勝目指して頑張ります!

<伊藤ふたば選手 コメント>

初めてW杯に出場してみて、今までとは全然雰囲気も違いました。1つ1つの課題にしっかり集中して臨んでいかないと、少しでも気持ちで負けたりしたら、終わってしまう世界だと感じました。今回は(普段なら)登れた課題も登ることが出来ず、自分をコントロール出来なかったことで予選落ちしてしまい、とても悔しかったです。次は気持ちを切り替えて頑張っていきたいです!

<楢﨑智亜選手 コメント>

また2位でした。初日から調子もよかったのに勝ち切れなかったので、次のモスクワに向けて、気持ち切り替えて集中していきたいです。1試合でも早くシルバーコレクターを卒業します。次も応援お願いします。

<藤井快選手 コメント>

初戦のマイリンゲン大会12位でした。最後を決めることができず、決勝を逃してしまいました。しかし、次に繋がるクライミングができたと思うので、次のモスクワ戦はより頑張ります。

<女子決勝>
1位:野中 生萌(20)/4t4z 5 5
2位:ヤンヤ・ガンブレット(19/スロベニア)/4t4z 7 5
3位:野口 啓代(28)/4t4z 9 9
4位:サンドラ・レトナー(16/オーストリア)/3t4z 5 5
5位:ファニー・ジベール(25/フランス)/3t3z 4 3
6位:ショウナ・コクシー(25/イギリス)/2t4z 5 11
----
27位:伊藤 ふたば(15)

<男子決勝>
1位:イェルネイ・クルーダー(27/スロベニア)/3t4z 7 8
2位:楢﨑 智亜(21)/2t4z 3 7
3位:アレクセイ・ルブツォフ(29/ロシア)/2t4z 5 13
4位:ヤコブ・シューベルト(27/オーストリア)/2t3z 6 9
5位:高田 知尭(23)/1t3z 3 5
6位:チョン・ジョンウォン(22/韓国)/1t2z 1 2
7位:マニュエル・コルニュ(24/フランス)/0t3z 0 9
----
12位:藤井 快(25) 準決勝進出

※左から氏名、年齢(大会初日時点)、所属国、決勝成績
※決勝成績は左から完登数、ゾーン獲得数、完登に要した合計アテンプト数、ゾーン獲得に要した合計アテンプト数

2018年4月17日

文/篠幸彦

powered by climbers