楢﨑 智亜Tomoa NARASAKI


INTERVIEW MOVIE

選手からのメッセージ

クライミングは自分の成長がすごく感じられるスポーツ。
自分は今すごい伸びている時期だなって感じてる。
もっと成長して、今よりももっと立派な選手になりたい。

壁面を縦横無尽に舞うフィジカルモンスター

PROFILE

生年月日
1996年6月22日 (20)
出身地
栃木県出身
身長
170cm
出身校
宇都宮北高等学校 卒業

THE MAIN RESULT

  • クライミング世界選手権パリ2016大会 優勝 (2016)
  • クライミング・ワールドカップ 2016 (競技種別:ボルダリング) (2016)
    • ミュンヘン大会 優勝
    • ベイル大会 2位
    • インスブルック大会 2位
    • ナビムンバイ大会 2位
    • 重慶大会 優勝
  • クライミング日本選手権 3位 (競技種別:リード) (2016)
  • 全日本クライミングユース選手権 優勝 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング・日本ユース選手権 優勝 (競技種別:リード) (2015)
  • クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ大会 優勝 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ大会 3位 (競技種別:スピード) (2015)
  • 第10回 ボルダリング・ジャパンカップ 3位 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング日本選手権 2位 (競技種別:リード) (2013)
  • 世界ユース選手権 シンガポール大会 4位 (競技種別:リード) (2012)
  • JOCジュニアオリンピックカップ 2位 (競技種別:リード) (2012)
  • JOCジュニアオリンピックカップ 3位 (競技種別:リード) (2011)

EPISODE

幼少時に機械体操で培った身体能力が今のクライミングスタイルの根幹に。
兄の影響で小学5年から近くのジムでクライミングを始める。
高校卒業後にプロへ転向。
2016年『IFSCボルダリングワールドカップ 中国重慶大会』初優勝。

© KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.
ページトップへ