NEWS & TOPICS

TEAM au 活動のお知らせ

IFSCクライミングワールドカップで「TEAM au」がメダルラッシュ!

2017年5月6日~7日に東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で
今シーズン4戦目となるIFSC クライミングワールドカップ - ボルダリング八王子2017が開催され
「TEAM au」の楢﨑智亜選手と野口啓代選手が準優勝、野中生萌選手が3位と活躍し3選手が表彰台へと上がりました。

IFSCクライミングワールドカップ - ボルダリング八王子2017結果(男子)
1位 アレクセイ ルブツォフ ロシア
2位 楢﨑 智亜(TEAM au) 日本
3位 渡部 桂太 日本
IFSCクライミングワールドカップ - ボルダリング八王子2017結果(女子)
1位 ヤンヤ ガンブレット スロベニア
2位 野口 啓代(TEAM au) 日本
3位 野中 生萌(TEAM au) 日本

ボルダリング種目のワールドカップとしては初の東京での開催となる今大会は、
2,300人を超える観客と多くのメディアを集め、白熱した闘いが繰り広げられました。

これまでの3大会と同様に多くの日本人選手が準決勝へと駒を進める中、
藤井選手はトライ数の差で惜しくも決勝への進出を逃すものの、他の3選手は安定した登りで決勝に進出。
特に野中、野口の2選手は今シーズン序盤の3大会で好調をキープしているヤンヤ ガンブレット選手と
ショウナ コクシー選手に迫る気迫のクライミングで会場を沸かし、決勝への期待感が高まりました。

女子決勝では、2課題目を野口選手とガンブレット選手だけが完登し、この時点でトライ数で野口選手が首位。
続く3課題目はスタート直後のパワフルなジャンプが特徴的な課題。
決勝進出選手が苦しむ中、パワフルな課題を得意とする野中選手が余裕の完登。
続く野口選手は苦しみながら残り1秒でトップのホールドを掴み雄叫びをあげました。
結果トライ数でガンブレット選手に優勝は譲りましたが、野口選手が今シーズン最高順位となる準優勝となりました。

男子決勝では、1課題目が緩い傾斜の高難度課題でスタート。
他の選手が続々とバランスを崩す中、楢﨑選手が時間終了間際にコツを掴み、物凄いスピードで完登し1歩リード。
2、3課題目も1トライ目で完登し、最終課題を残しほぼ優勝を手中におさめる展開となりました。
勝敗を決めたのは最終課題。
見守る観客のだれもが楢﨑選手の得意な課題と思って声援をおくる中、
直前の3課題目のトライ中に痛めた手のひらの怪我で完登を逃し惜しくも準優勝となりました。

結果、年間ランキングでも楢﨑選手が2位、野中選手と野口選手も3位、4位となりシーズン後半での逆転に向けて好位置につけました。

楢﨑 智亜選手
野口 啓代選手
野中 生萌選手
写真提供=日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)

「TEAM au」選手からコメントが届きました!

楢﨑 智亜選手コメント
悔しい悔しい2位です。最近試合に負けて泣くとかは無かったんでほんとに悔しかったです。
会場の応援で登れた第一課題、あの奇跡的な登りは気持ちよかったです。
第3課題で優勝の流れを引き寄せたと思ったのですが、手を痛めてしまい最後まで自分のパフォーマンスができなくて残念です。
誰よりも勝ちたいって思っていたので。
優勝から遠ざかっているので次こそは優勝狙います。年間優勝も視野に入れています。まだシーズンが続くので応援してください。
八王子での応援、ありがとうございました。

野口 啓代選手コメント
予選、準決勝、最後決勝すべて2位でした。
優勝を狙っていただけに悔しいですが、自国開催という地の利、
皆様の声援に後押しされて自分のベスト、それ以上のパフォーマンスが出せたと思います。
決勝の3課題目も残り1秒での終了点取。あの完登はいろんな思いがこみ上げ泣きそうになりました。
今季は初戦から自分のクライミングができず、
調子がいいのでそのギャップに苦戦していましたがこの八王子で何とか合わせることができました。
去年の加須のフラッシュバックもあり、またこれまでにない注目度、
いろんなプレッシャーがありましたが最後は自分に勝ててよかったと思っています。
岩場でまた大好きなクライミングに没頭し、一か月後の次戦に備えたいと思います。
応援、ありがとうございました。

野中 生萌選手コメント
去年よりもさらに多くの人が会場に来て応援してくれたことはとっても嬉しかったです。
クライミングがこんな風に変わるんだ、とほんの数年前には考えられなかったことなので驚いていますが、
海外ではもっと会場が盛り上がっているので日本人の応援ももっと盛り上がってほしいです。
そんな中、去年の加須と同じ3位。
落とせない課題(登らなければ勝てない課題)で登れなかったのは悔しいですが今の実力だと思っています。
連戦が続いて疲れがどっと出そうですが、残り3戦も集中していきたいです。
これからも応援よろしくお願いします。

© KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.
ページトップへ