NEWS & TOPICS

TEAM au 活動のお知らせ

野口啓代選手が日本選手権リード競技大会2連覇!

2017年3月4日~5日に埼玉県加須市の加須市民体育館で「スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017」が開催され、
「TEAM au」の野口啓代選手が同大会6度目の優勝を2連覇で達成!
また楢﨑智亜選手も2位となり、「TEAM au」の2 選手が表彰台へと上がりました。

スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017結果 男子
1位 中野 稔 広島県
2位 楢﨑 智亜(TEAM au) 栃木県
3位 波田 悠貴 埼玉県
スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017結果 女子
1位 野口 啓代(TEAM au) 茨城県
2位 大田 理裟 山口県
3位 森 秋彩 茨城都

今大会は2020年に向け、国際舞台で活躍できるリード種目の日本人選手を増やすことを狙い、
同種目の強豪国スロベニアより、サイモン・マルゴンをチーフルートセッターとして招聘し開催されました。
課題は例年の日本選手権に比べ難易度があがり、ダイナミックで見せ場のはっきりしたハイレベルな内容の競技展開となりました。

そんな中、男子では「TEAM au」の楢﨑選手が格の違うクライミングを披露。
難解なムーブに迷い持久力を使い果たして終わる選手が多い決勝課題を、他の選手の倍のスピードで上部へと到達。
ベテランらしい粘りのクライミングで、初優勝を飾った中野選手に続く準優勝となりました。

女子では、10代前半の若手とワールドカップでも活躍する野口選手らが凌ぎを削り合い、
予選から白熱した戦いとなりましたが、
予選から全課題で安定したパフォーマンスを発揮した野口選手がボルダリングジャパンカップの雪辱を果たし優勝しました。

楢﨑 智亜選手
野口 啓代選手
写真提供=日本山岳協会(JMA)
© KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.
ページトップへ