NEWS & TOPICS

TEAM au 活動のお知らせ

藤井快選手がボルダリングジャパンカップ2連覇達成!

2017年1月28~29日に国立競技場代々木第2体育館で開催された、
第12回ボルダリングジャパンカップで「TEAM au」の藤井 快選手が、大会史上初となる2度目の優勝を2連覇という快挙で達成!
また野口 啓代選手が2位、野中 生萌選手も3位となり、「TEAM au」の3選手が表彰台へと上がりました。

第12回ボルダリングジャパンカップ結果(男子)
1位 藤井 快(TEAM au) 愛知県
2位 渡部 桂太 三重県
3位 波田 悠貴 埼玉県
第12回ボルダリングジャパンカップ結果(女子)
1位 伊藤 ふたば 岩手県
2位 野口 啓代(TEAM au) 茨城県
3位 野中 生萌(TEAM au) 東京都

IFSC ワールドカップボルダリング種目の国別ランキングで3年連続1位を獲得している日本だけあって、
日本一を決めるボルダリングジャパンカップは世界大会にも引けを取らないハイレベルな大会となりました。

初日に行われた予選では、昨シーズンの日本代表選手の数名が脱落。
翌日の準決勝でも、昨年のタイトルを総ナメにし、世界中にインパクトを与えた「TEAM au」の楢﨑 智亜選手がまさかの敗退。
すべてのラウンドで息の抜けない緊張感の高い展開と、世界トップクラスの選手たちのパフォーマンスは1,300人を超える観客を魅了しました。

そのような中、女子では「TEAM au」の野口選手と野中選手は安定した実力を発揮。
優勝こそ逃すものの、揃って表彰台にあがりました。

混戦の男子では、高難度の課題が続き各選手が苦しむ中、藤井選手が圧巻のパフォーマンスを発揮。
決勝は最終課題を気合の入った登りで1トライで完登し、決勝進出選手唯一の2完登。
連覇どころか2度タイトルを獲った選手がいなかったボルダリングジャパンカップを制し、
この大会のジンクスを見事打ち破りました。

野中 生萌選手
野口 啓代選手
藤井 快選手
写真提供=日本山岳協会(JMA)
© KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.
ページトップへ