NEWS & TOPICS

TEAM au 活動のお知らせ

楢﨑 智亜選手が世界選手権優勝!日本人初の快挙。

日本人初の世界選手権優勝!!(ボルダリング種目)

2016年9月14~18日(現地時間)に開催された「IFSCクライミング世界選手権パリ2016大会」で
「TEAM au」の楢﨑 智亜選手が、日本人選手として初の優勝という快挙を達成しました。
また女子では野中 生萌選手が2位、野口 啓代選手も3位と「TEAM au」の3選手が表彰台に立ち、
2年に1度の開催となるスポーツクライミング競技最高峰の世界選手権で華々しい活躍をされました。

楢﨑 智亜選手
©JMA
IFSCクライミング世界選手権パリ2016大会結果 男子(ボルダリング種目)
1位 楢﨑 智亜(TEAM au) 日本
2位 アダム オンドラ チェコ
3位 マニュエル コルヌ フランス
IFSCクライミング世界選手権パリ2016大会結果 女子(ボルダリング種目)
1位 ペトラ クリングラー スイス
2位 野中 生萌(TEAM au) 日本
3位 野口 啓代(TEAM au) 日本

「TEAM au」大活躍、3選手がメダル獲得!

スポーツクライミングの最高峰となる今大会は、
パリ・ベルシーの「アコーホテルズアリーナ」に満員の観客を集め、その注目度の高さをアピールする結果となりました。

ボルダリング種目は世界各国から男子121名、女子86名の合計207選手が参加。
「TEAM au」から参加した、野口選手、野中選手、藤井選手、楢﨑選手の4人は安定したパフォーマンスで予選を突破。

男子準決勝は、完登者が少ない難易度の高いラウンドで世界の強豪選手たちを苦しめ、
第2課題を辛うじて1トライで成功させた楢﨑選手が決勝へ進出しました。
男子決勝は楢﨑選手が圧巻の登りでアリーナを沸かし、
最終課題を成功させた時点で後続の選手のトライを待たずして優勝を決めました。
1991年の世界選手権開設以来、日本人選手が金メダルを獲得するのは史上初となります。
14回の大会の歴史で初めて楢﨑選手が快挙を達成しました。

女子決勝では最終課題までもつれた展開となり、
その時点までリードしていた野口選手を野中選手が逆転し銀メダルを獲得、野口選手も銅メダルとなりました。

野中 生萌選手
野口 啓代選手
©JMA

「IFSCクライミング世界選手権パリ2016大会」ダイジェスト動画


「TEAM au」選手からコメントが届きました!

楢﨑 智亜選手コメント
今まで日本人が誰も優勝したことがない世界選手権で自分が勝てたことは素直に嬉しいです。
準決勝から気持ちを切り替えて、決勝では自分らしい登りができたと思います。
6位スタートで気負うこともなく思いっきり登れたし、
今までに経験したことのない観客の数に圧倒されることなく楽しめて、全てがうまくいきました。
ワールドカップで年間一位を獲ってから「世界選手権も優勝する」と言っていましたが、
準決勝のあと「無理かも」という思いが、一瞬よぎりました。
が、それもほんの一瞬で、登ってやるという気持ちだけは誰にも負けていない、
自分のクライミングをすれば勝てると思っていました。
まだ優勝という実感はないけれど、表彰台から見えた景色は忘れないでいたいです。
日本チームのサポートも力に変えることができました。応援ありがとうございました。

藤井 快選手コメント
準決勝敗退と本当に情けない結果で終わってしまいましたが
「TEAM au」の仲間が活躍してくれたことは心から嬉しいです。
こんなに悔しい思いをしたので絶対にリベンジしたいです。
応援してくれる人が増え、注目を浴びる中で結果を出す難しさを肌で感じました。
次は自分が結果を残していきたいと思っています。

野中 生萌選手コメント
今シーズン、ワールドカップで優勝や表彰台に上がりようやく結果が残せるようになってきて、
金メダルしか考えず臨んだ世界選手権でした。
決勝まで思うようなクライミングができず苦しかったです。
最後は絶対に課題をクリアしなければと思っていたので、
今できること・自分のスタイルを出し切って完登できて本当にうれしかったし、
いろんなものから解放されました。
結果は銀メダルですが、もう次は金メダルしか狙うものがないので
もっともっと強くなって2018年の世界選手権に戻ってきたいです。

野口 啓代選手コメント
前回(2014年ドイツ・ミュンヘン)に続き、銅メダル。率直に「悔しい」の一言です。
この世界選手権に照準を合わせ、苦手課題を重点的にトレーニングをしてきましたが
まだまだ克服できず、実力不足を突きつけられた大会でした。
でも自分に足りないところがさらに明確になり、
また自分が成長するために必要なものも気付けた大会でもあったので、
次に向けてしっかり前を向いていきたいと思います。
6度目の世界選手権ですが私にとってこれまでで一番内容の濃い大会になりました。
会場に沸く大歓声がとても気持ちよかったです。応援ありがとうございました。

© KDDI CORPORATION. All Rights Reserved.
ページトップへ